いつものわたしを表現するブログ

音楽のレビューや、ゲームの感想など・・・

超然簡素なアルバムレビュー その1

多数のアーティストの軽いレビュー。

今回はここ最近買ったCDの中からいくつかをピックアップして紹介しようと思う。

基本的にまず曲の評価をし、最後にアルバム全体の評価を行う形をとる。

評価の基準としては(C,B,A,S)とし、場合により+、-を付ける可能性がある。

あくまで自己の基準で付けたものなのでそこはご了承を願いたい。

また、取り上げる作品も疎らなのはもっとご了承願いたい。

 

Mr.Children

「KIND OF LOVE」

f:id:karonsenpai0912:20180906131206j:plain

  1. 虹の彼方へ (S)
  2. All by myself (B+)
  3. BLUE (A)
  4. 抱きしめたい (A+)
  5. グッバイ・マイ・グルーミーデイズ (B)
  6. Distance (B+)
  7. 車の中で隠れてキスをしよう (A)
  8. 思春期の夏~君との恋が今も牧場に~ (C+)
  9. 星になれたら (S)
  10. ティーンエイジ・ドリーム(Ⅰ~Ⅱ) (B+)
  11. いつの日か二人で (A)


【総評】(A+)

【コメント】
ミスチルの初期の名盤。あの頃でしか書けない瑞々しい楽曲が詰まっている。

 

 

「Q」 

f:id:karonsenpai0912:20180906132112j:plain

  1. CENTER OF UNIVERCE (S)
  2. その向こうへ行こう (A)
  3. NOT FOUND (S)
  4. スロースターター (B+)
  5. Surrender (B+)
  6. つよがり (B+)
  7. 十二月のセントラルパークブルース (A)
  8. 友とコーヒーと嘘と胃袋 (B)
  9. ロード―ムービー (S)
  10. Everything is made from a dream (A)
  11. 口笛 (S+)
  12. Halleluiah (A)
  13. 安らげる場所  (B)

 

【総評】(S+)

【コメント】
Mr.Childrenのアルバムの中で一番好きな作品。とっ散らかって何が何だが分からないのと、確かに根底にある名曲が合致した楽しいアルバム。

 

 

「IT'S A WONDERFUL WORLD」

f:id:karonsenpai0912:20180907090324j:plain

  1. overture (省略)
  2. 蘇生 (S+)
  3. Dear wonderful world (B) 
  4. one two three (A)
  5. 渇いたkiss (B+)
  6. youthful days (S+)
  7. ファスナー (A)
  8. Bird Cage (C+)
  9. LOVE はじめました (B)
  10. UFO (B+)
  11. Drawing (A+)
  12. 君が好き (A)
  13. いつでも微笑みを (A+)
  14. 優しい歌 (S)
  15. It's a wonderful world (B)

 

【総評】(S)

【コメント】
モンスターバンドとして再び返り咲いた作品。正直BOLEROからここまでのミスチルの作品帯が一番好きだ。後は何か平行線を辿っている感じが・・・

 

 

SUPERMARKET FANTASY」 

f:id:karonsenpai0912:20180626142448j:plain

  1. 終末のコンフィデンスソング (A)
  2. HANABI (S)
  3. エソラ (S)
  4. 声 (B+)
  5. 少年 (B+)
  6. 旅立ちの唄 (A)
  7. 口がすべって (B)
  8. 水上バス (B)
  9. 東京 (A+)
  10. ロックンロール (A-)
  11. 羊、吠える (B)
  12. 風と星のメビウスの輪 (C)
  13. GIFT (B+)
  14. 花の匂い (B)

 

【総評】(A)

【コメント】
前半部分が名曲の塊。後半になりかなり失速するがポップアルバムとしてみれば好きなアルバム。

 

 

スピッツ

「ハチミツ」

f:id:karonsenpai0912:20180907091247j:plain

  1. ハチミツ(A)
  2. 涙がキラリ☆(S)
  3. 歩き出せ、クローバー(B+)
  4. ルナルナ(B+)
  5. 愛のことば(A+)
  6. トンガリ'95(B)
  7. あじさい通り(A)
  8. ロビンソン(SS)
  9. Y(B)
  10. グラスホッパー(A)
  11. 君と暮らせたら(B+)

 

【総評】(S)

【コメント】
よく考えると何回も聞いているはずなのに覚えてない曲があるというおかしなことではあるがそれでも全体はポップスの塊。スピッツの最高傑作と言われた今作はやはり伊達じゃない。

 

 

「フェイクファー」 

f:id:karonsenpai0912:20180907103746j:plain

  1. エトランゼ(B)
  2. センチメンタル(B+)
  3. 冷たい頬(A)
  4. 運命の人(Album Version)(A+)
  5. 仲良し(B+)
  6. 楓(A)
  7. スーパーノヴァ(B)
  8. ただ春を待つ(B+)
  9. 謝々!(B)
  10. ウィリー(B)
  11. スカーレット(Album Version)(A)
  12. フェイクファー(B+)

 

【総評】(A-)

【コメント】
様々な人が名盤と言っていたが私は「そこまでか・・・?」というかシングル以外のアルバム曲が全然パッとしない。ちょっと期待外れた感が少し否めなかった。

 

 

「三日月ロック」

f:id:karonsenpai0912:20180907114606j:plain

  1. 夜を駆ける(S+)
  2. 水色の街(A)
  3. さわって・変わって(A+)
  4. ミカンズのテーマ(B)
  5. ババロア(B+)
  6. ローテク・ロマンティカ(B+)
  7. ハネモノ(A)
  8. 海を見に行こう(省略)
  9. エスカルゴ(B)
  10. 遥か album mix(A+)
  11. ガーベラ(A)
  12. 旅の途中(S)
  13. けもの道(B+)

 

【総評】(S)

【コメント】
今のスピッツに通じることになった名盤。シングルもさることながらアルバム曲も凛とした曲が多い。

 

 

「小さな生き物」

f:id:karonsenpai0912:20180626144633j:plain

  1. 未来コオロギ(S+)
  2. 小さな生き物(S)
  3. りありてぃ(A+)
  4. ランプ(A)
  5. オパビニア(B+)
  6. さらさら(S)
  7. 野生のポルカ(A)
  8. scat(省略)
  9. エンドロールには早すぎる(A)
  10. 遠吠えシャッフル(B+)
  11. スワン(B)
  12. 潮騒ちゃん(A)
  13. 僕はきっと旅に出る(A)

 

【総評】(S+)

【コメント】
個人的スピッツの最高傑作はこれ。地味と言われがちなアルバムだが個人的にはどの曲もちゃんと一曲一曲が輝いている。特に「未来コオロギ」は文句無しの名曲。 

 

 

KAN

「野球少年が夢だった」

f:id:karonsenpai0912:20181003112419j:plain

  1. 愛は勝つ(S+)
  2. 恋する二人の834㎞(A+)
  3. けやき通りがいろづくころ(A)
  4. 青春国道202(B+)
  5. 千歳(B)
  6. Happy Birthday(S)
  7. 僕たちのEaster(A)
  8. 健全 安全 好青年(B+)
  9. 1989(A Ballade od Bobby & Olivia)(S)
  10. 君が好き胸が痛い(A)

 

【総評】(A+)

【コメント】
KANの最大ヒット作だが、もっと好きな曲がいっぱいあるため最近はそんなに聞かなくなってしまった。けど、無性に愛は勝つが聴きたい時には直ぐにでも手を出す一作。

 

 

「弱い男の固い意志」

f:id:karonsenpai0912:20181003113431j:plain

  1. ラジコン(A+)
  2. Cover Girl(S)
  3. 星空がCrying(A)
  4. いつもまじめに君のこと(A+)
  5. 甘海老(B+)
  6. STARS(B)
  7. 焼肉でも行きましょうよ(A)
  8. 秋、多摩川にて(S)
  9. 明るいだけのLove Song(S+)
  10. 朝日橋(A)

 

【総評】(S+)

【コメント】
KANに初めて手を出した一作。マジで名曲が多くたまに「ラジコンを始めたよ」と口ずさんでしまうこともある。思い入れの深い作品。

 

 

「カンチガイもハナハダしい私の人生」

f:id:karonsenpai0912:20181001103132j:plain

  1. REGIKOSTAR~レジ子スターの刺激~(A)
  2. 小学3年生(S)
  3. ピーナッツ(A)
  4. バイバイバイ(studio recording)(B+)
  5. 青春の風(A+)
  6. ordinary days(B+)
  7. オ・ルヴォワール・パリ(B)
  8. よければ一緒に(full size)(SS)
  9. 予定どおりに偶然に(with ASKA)(S+)

 

【総評】(S+)

【コメント】
滅茶苦茶探しまくって見つけた一作ともあって思い入れの深い作品。ラスト2曲だけで名盤と言わしめる様は最早KANならではの技であろう。

 

 

「6×9=53」

f:id:karonsenpai0912:20181004110754j:plain

  1. Listen to the Music~Deco☆Version~(S)
  2. 胸の谷間(S)
  3. ポカポカの日曜日がいちばん寂しい(B+)
  4. 安息(B+)
  5. どんくさいほどコンサバ(A)
  6. scene(A)
  7. ブログ!ブログ!ブログ!(B)
  8. 桜ナイトフィーバー ~Album Version~(S+)
  9. 寝てる間のLove Song(A+)
  10. ロックンロールに絆されて(A)

 

【総評】(S)

【コメント】
最新作でもKANらしさを存分に見せつけた一作。桜ナイトフィーバーはやっぱり名曲。セルフカバーをしても名曲なのには変わりないのだから曲の力は凄いなと思わされた。

 

 

ー終わりにー

今回はミスチルスピッツ、KANさんの3アーティストを紹介した。

今後もこういう風に、3つのアーティスト4つのアルバムを基本にし、コンスタントに継続していきたいなあと思っている。

有名アーティストや、ちょっとしたマイナーなアーティストまで幅広くやっていきたいからこそ、まぁこれぐらいが丁度良いって感じで行おうと思う。

ご拝読、誠にありがとうございました。

karonsenpai0912.hatenablog.com