いつものわたしを表現するブログ

音楽のレビューや、ゲームの感想など・・・

J-POP ALBUM MY BEST150

f:id:karonsenpai0912:20200423114745p:plain

ベストな自己的150枚

今回は私が今まで聞いた中でのJ-POPアルバムベスト150を紹介します。

日本で作られた音楽としてインストゥルメンタルやライブ盤等のアルバムも採用しておりますので悪しからず。

ただし、ベストアルバムと題されているものやシングルコレクションなどは除きます。

 

前回、2018年5月にやった更新版ということですが、初めて作ったベストな100枚だったため見栄を張っていた箇所が多々ありました。そこで、見栄を張らずに己の感覚でつけることに。なので、上位のアルバムも変動はあるのでそこは前回のと見比べて楽しんで欲しいと思います。それでは、早速見ていきましょう!

 

karonsenpai0912.hatenablog.com

 

  • ベストな自己的150枚
    • 150位〜101位
    • 100位~76位
    • 75位~51位
    • 50位~26位
    • 25位~1位
      • おまけ 

 

続きを読む

2022上半期で良いなと思った曲をザックバランに。

丁寧に。

2022年の上半期の特に3ヶ月の投稿頻度が凄かったが、いざふたを開けてみるとそんなに投稿していなかったということに驚く。まぁそういうものか。

今回は、2022年に聴いた中で良いなと思った曲を紹介していく。

2022年の曲からそれ以外のものも紹介していくつもりだ。軽くコメントを載せていくとする。ではどうぞ・・・。

 

続きを読む

1989〜2018年のそれぞれのベストJ-POPを私的に。

平成のベストソング企画

某番組でそんな企画をやっていて、とりあえずは目を通すかぁと思いながら見ていた。まぁそんなに悪くない結果だったとは思うし、何となく納得はしたけど、なんか靄がかかった気持ちにはなっていた。

あれ?あの年の曲結構飛ばしてない?とかポイントの偏りがひどいなぁとか。まぁそれもそのはず、平成の中の膨大な曲の中から自分の思い出補正と今の感覚で選ぶならそうなるよなぁって。

 

この企画を丸々パクっても良かったが、まぁその年の志向の一曲を選んだ方が健康的なはずということで、早速やっていこう。2019年は4月まで平成だが、流石に今回はそこは省く。

平成元年から30年まで、30曲。軽いコメントをつけながら紹介していこうと思う。まぁだけど、J-POP問わず洋楽やゲーム音楽がその年の1位だったらそうすることにするのには変わりないが。

 

それでは、本題へ。

 

続きを読む

雑記:忙しさの中の楽しさ

忙しさを楽しさにつなげる

どうも、お久しぶりです。確か、前回の記事ではアルバムレビューの目処が立ったので記事を書くことを視野に入れると言っていましたね・・・w。

あれからだいぶ時間を置いてアルバムレビューの記事を書いては見たんですけど、自分の中では納得がいかなくて、何度も消しては書いてを繰り返していたんですよ。。。

自分の語彙力が足りないからかなぁとか、自分自身に納得いかないからかなぁとか。後は本当にそのアルバムをレビューしたいのかとか考えて自問自答を結構繰り返していたというのも大きいかなと思います。

そこで、自分自身に距離を置き、特定のSNS以外で自分から発言したり、見たりすることを抑えて、所謂SNSから距離を置いていっぱい本とかを読んで勉強を繰り返していました。

例えばふと、オノマトペとかって全然分からんなと思った時にオノマトペに関する本を読みたくなったんですよね。

その時に、小野正弘さんの『オノマトペがあるから日本語は楽しい』や窪薗晴夫の『オノマトペの謎』など、結構読み漁りました。それ関連の論文とかも見たりしたんですよ。じゃあ結果何が分かったかと言うと、それがよく分からなかったんですね。

いや、まぁある程度は分かりましたよ。それこそ我々日本人にとってオノマトペとはどう言う役割を担っているのかとか、オノマトペのしやすさにはレベルがあるとか。そう言うことは理解したと思えるし、そういう知恵を得たと言っても良いのだが、肝心のオノマトペの根源が分からず仕舞いであった。まぁ一般に擬声語や擬態語と言えば話は早いし元々の意味はそうなのかもしれない。けれど、色々と読み解く上で中々に理解しづらい部分もあったのは事実は事実でした。

多分、オノマトペというものに一音一音が意味を持って接しているため、より言語の深いところというか、文字や発音などの我々の意識外から語りかけてくるようなものだからだろうか。そういう意味でまた、面白いと感じたんですよ。

 

その他にも音楽について改めて知ろうと思って円堂都司昭氏による『ソーシャル化する音楽』も読みました。

こちらも大変に興味深く、我々が90年代の音楽から2000年代の音楽に移り変わり、そして今に至るまで我々は音楽を聴く側から遊ぶ側に回っていったというものだ。カラオケや音ゲー。サブスクなんかもその例だろうなと。

そういう意味であらゆる分野は研究されたり対談のテーマになったりと様々なものになっていて勉強が楽しいとこれも感じた。

しかし、同時に趣味の大半をそれに費やしてちょっと彷徨っていたのもの事実かもしれないなぁと感じる時が多くなってね。つまり心ここに在らず。心が無くなると書いて「忙しい」と書くからこそ、ちょっと無心になって色々と離れていたなぁと。けれど、それが楽しくて仕方がなかった。音楽を聴く楽しさやゲームの楽しさ、映画などの娯楽以外の楽しさにもやっぱりこういう昔からの読書というものは忙しい中にも楽しさが繋がっていった。

友人に読んだ本の内容とか感想とか、それについてどう思ったとか話すことで改めて自分の中で整理をつけた。多分大事なことってこういうことなんだなと思う。

 

SNSとかもそうかもしれない。誹謗中傷とかを受けたからどう対処しようとかじゃなく、なぜそうなったのか。自分に原因があるかを見つめ直してからが先だと思う。ここんとこのそういう事件とかはそうかもしれない。自分に原因を見つめ直すやり方は様々だが、やっぱり私の中でのNo.1はお寺に行って手を合わせることだと思う。理由なんかなくていいと思う。ただ、行こうと思ったから行く。そして手を合わせる。それだけでだいぶ心に整理がつくはず。

 

そう願いながら、今回の記事はここで終わりにしようと思う。いつものわたしを表現するブログという意味を改めて考えて、今後も色んなことを表現しようと思う。

 

ここまで、見ていただき誠にありがとうございます。では、また別の記事で。。。

 

 

 

 

【統合版】aiko全アルバム 簡素レビュー

完全版

ということで、aikoの全アルバムを超絶簡素にレビューした全てのアルバムをここに載せたいと思う。

単曲と総合評価で分け、評価(C,B,A,S)とし、場合により(+,−)を付ける場合があるのでご了承願いたい。

それでは早速やっていこうと思う。

また、カテゴリーに簡素レビューがあるため、他のが気になる方はそちらへ...

 

 

続きを読む

【統合版】ゆず全アルバム 簡素レビュー

完全版

ということで、 ゆずの全アルバムを超絶簡素にレビューした全てのアルバムをここに載せたいと思う。

また、ミニアルバム『ゆずの素』や『ゆずマンの夏』などは含まないものとする。被っている曲なども多いためである。申し訳ない。

単曲と総合評価で分け、評価(C,B,A,S)とし、場合により(+,−)を付ける場合があるのでご了承願いたい。

それでは早速やっていこうと思う。

また、カテゴリーに簡素レビューがあるため、他のが気になる方はそちらへ...

  • 完全版
    • ゆず一家
    • ゆずえん
    • トビラ
    • ユズモア
    • すみれ
    • 1~ONE~
    • リボン
    • WONDERFUL WORLD
    • FURUSATO
    • 2 -NI-
    • LAND
    • 新世界
    • TOWA
    • BIG YELL
    • YUZUTOWN
    • PEOPLE

 

続きを読む

【統合版】ミスチル全アルバム 簡素レビュー

完全版

ということで、ミスチルの全アルバムを超絶簡素にレビューした全てのアルバムをここに載せたいと思う。

単曲と総合評価で分け、評価(C,B,A,S)とし、場合により(+,−)を付ける場合があるのでご了承願いたい。

それでは早速やっていこうと思う。

また、カテゴリーに簡素レビューがあるため、他のが気になる方はそちらへ...

 

  • 完全版
    • Mr.Children
      • EVERYTHING
      • KIND OF LOVE
      • Versus
      • Atomic Heart
      • 深海
      • BOLERO
      • DISCOVERY
      • Q
      • IT'S A WONDERFUL WORLD
      • シフクノオト
      • I♥U
      • HOME
      • B-SIDE
      • SUPERMARKET FANTASY
      • SENSE
      • [(an imitation) blood orange]
      • REFLECTION{Naked}
      • 重力と呼吸
      • SOUNDTRACKS

 

続きを読む

【統合版】ユーミン全アルバム 簡素レビュー

完全版

ということで、ユーミンの全アルバムを超絶簡素にレビューした全てのアルバムをここに載せたいと思う。

単曲と総合評価で分け、評価(C,B,A,S)とし、場合により(+,−)を付ける場合があるのでご了承願いたい。

それでは早速やっていこうと思う。

また、カテゴリーに簡素レビューがあるため、他のが気になる方はそちらへ...

 

  • 完全版
    • 荒井由実
    • 松任谷由美
      • 紅雀
      • 流線形 '80
      • OLIVE
      • 悲しいほどお天気
      • 時のないホテル
      • SURF & SNOW
      • 水の中のASIAへ
      • 昨晩お会いしましょう
      • PEARL PIERCE
      • REINCARNATION
      • VOYAGER
      • NO SIDE
      • DA・DI・DA
      • ALARM a la mode
      • ダイアモンドダストが消えぬまに
      • Delight Slight Light KISS
      • LOVE WARS
      • 天国のドア
      • DAWN PURPLE
      • TEARS AND REASONS
      • U-miz
      • THE DANCING SUN
      • KATHMANDU
      • Cowgirl Dreamin'
      • スユアの波
      • Frozen Roses
      • acacia[アケイシャ]
      • Wings of Winter, Shades of Summer
      • Yuming Compositions: FACES
      • VIVA! 6×7
      • A GIRL IN SUMMER
      • そしてもう一度夢見るだろう
      • Road Show
      • POP CLASSICO
      • 宇宙図書館
      • 深海の街

 

続きを読む