いつものわたしを表現するブログ

音楽のレビューや、ゲームの感想など・・・

【統合版】スキマスイッチ全アルバム 簡素レビュー

完全版

ということで、スキマスイッチの全アルバムを超絶簡素にレビューした全てのアルバムをここに載せたいと思う。

単曲と総合評価で分け、評価(C,B,A,S)とし、場合により(+,−)を付ける場合があるのでご了承願いたい。

スキマスイッチの音楽の作りこみも簡素に伺いながら、どうぞ・・・。

 

 

君の話

  1. 君の話 (S)
  2. 太陽 (B)
  3. メロドラマ (A)
  4. 君のこと全部 (B+)
  5. view - オーヴァードライブMIX (A)
  6. ただそれだけの風景 (B)

【総評】(A)

【コメント】

ミニアルバムだが、スキマスイッチらしさ全開のアルバム。確かにこっから1stアルバムを選曲するのならばやっぱり『君の話』と『view』にはなるが、2人のコンビネーションはもう完成されていたのだろう。

 

 

夏雲ノイズ

f:id:karonsenpai0912:20191221162922p:plain

  1. 螺旋(らせん) (A)
  2. ふれて未来を (S)
  3. 桜夜風 (B+)
  4. view (B+)
  5. きみがいいなら (B+)
  6. ドーシタトースター (B)
  7. 君の話 -エヴォリューションMIX (S)
  8. 僕の話 (B+)
  9. 種を蒔く人 (B)
  10. キミドリ色の世界 (A+)
  11. えんぴつケシゴム (A)
  12. 奏(かなで) (S+)

【総評】(A+)

【コメント】

 『奏(かなで)』が最強格過ぎて、最後に来るだけで名盤に聞こえてしまう。一回そういう偏見を除いてちゃんと単曲単曲評価して総評はこういう形になった。いやだけどやっぱ好きだわ。うん。

今聞いても『ふれて未来を』の圧倒的ポップさや『キミドリ色の世界』のオーガスタ系列の微量なファンキーさが入り混じる、スキマスイッチ全体で見ても様々なジャンルが入り混じった面白いアルバムだ。

 

 

空創クリップ

f:id:karonsenpai0912:20191221162957p:plain

  1. 君に告げる (B+)
  2. 全力少年 (S+)
  3. 水色のスカート (A)
  4. 冬の口笛 - Takuya ver. (A+)
  5. フィクション (B+)
  6. さみしくとも明日を待つ (B)
  7. キレイだ (A)
  8. かけら ほのか (B)
  9. 目が覚めて (B)
  10. 飲みに来ないか (S)
  11. 雨待ち風 (B-)

【総評】(B+)

【コメント】

 早くも安定してるなと印象が強い。当たり前だが『全力少年』は文句のつけようがない名曲。だがその他の曲の印象が余りなく、アルバム曲も『飲みに来ないか』以外はそこまで印象深くない。そこが評価の対象になった。

やっぱり『雨待ち風』の超絶スローバラードは中々に堪える。それだけだったら、まだそういう感じの曲調と捉えられるが、『さみしくとも明日を待つ』なども同系列だからか、スキマスイッチの中でもリピート回数は圧倒的に低い。

 

 

夕風ブレンド

f:id:karonsenpai0912:20190319221250p:plain

  1. 藍 (A)
  2. ガラナ(S)
  3. スフィアの羽根 (A+)
  4. 惑星タイマー (A+)
  5. 月見ヶ丘 (B)
  6. 空創トリップ (省略)
  7. ボクノート(A+)
  8. ズラチナルーカ (A)
  9. 糸ノ意図 (A+)
  10. アカツキの詩 (S+)
  11. アーセンの憂鬱 (A+)
  12. 願い事 (B+)
  13. 1+1 (A)

【総評】(S+)

【コメント】

早くも スキマスイッチの完成形が見えた傑作中の傑作。シングルもさながら、アルバム曲の質が高すぎる。これにて「漢字+カタカナ」シリーズに一旦締めがついたが、こっから先も更に拍車がかかるため スキマスイッチは面白い。

やはり、大橋卓弥の歌声と常田真太郎のアレンジ力がより良い歯車となって重なったことも大きいのだろう。この後の作品が二人の共作というイメージが強い。

 

 

ナユタとフカシギ

f:id:karonsenpai0912:20201016170232p:plain

  1. 星プロローグ (A)
  2. 雫 (A+)
  3. ゴールデンタイムラバー (A+)
  4. ムーンライトで行こう (B+)
  5. 病院に行く (A)
  6. デザイナーズマンション (B)
  7. 8ミリメートル (B+)
  8. レモネード (B)
  9. SL9 (A+)
  10. 虹のレシピ (A)
  11. 光る (B)

【総評】(A+)

【コメント】

様々な方向性をシングルで打ち出しながらもアルバム曲は安定のスキマスイッチらしさを出した。復帰作ということもあり色々な方向性を出した結果どっちつかずになってしまったのはちょっと惜しいが、安定感を出すよりも全然良いと感じた。

 

 

musium

f:id:karonsenpai0912:20200422164018p:plain

  1. 時間の止め方 (B)
  2. アイスクリームシンドローム (S)
  3. 石コロDays (A+)
  4. LとR (A)
  5. ソングライアー (A)
  6. センチメンタル ホームタウン (A)
  7. さいごのひ (B+)
  8. Andersen (A)
  9. スモーキンレイニーブルー (B+)
  10. 晴ときどき曇 (S+)
  11. またね。 (B)

【総評】(S)

【コメント】

ここからスキマスイッチの本気炸裂。全曲見所があり、バラードがただのバラードにならないように様々な工夫がされているのでとても面白い。

何周しても飽きない構成になっており、アルバムとしてのクォリティとしてはこの作品が最高傑作と言っても良い。後『晴れときどき曇』は何回も聞いてさらに沁みて、スキマスイッチの中で一番好きな曲と言えるぐらいまで上り詰めた。これを聞きたいが為にこのアルバムを聴いているのもある。

 

 

スキマスイッチ

f:id:karonsenpai0912:20180924145858j:plain

  1. ゲノム (A)
  2. パラボラヴァ (S)
  3. 僕と傘と日曜日 (B+)
  4. life×life×life (A)
  5. Ah Yeah!! (S)
  6. 夏のコスモナウト (A)
  7. 蝶々ノコナ (B+)
  8. 思い出クロール (B+)
  9. 星のうつわ (S)
  10. SF (B+)

【総評】(S)

【コメント】

musium』の上質な音楽を更に進化させ、新たな側面も見せた意欲作。10曲と短いが、全てに見所があるのが恐ろしい。そのおかげもあって退屈感もなく突っ切る構成は10曲という短さでしか成しえないことだと感じさせる。

特にシングル曲はちゃんと名曲だし、良い位置にある。こういうのが名盤だというのは言うまでもない。

 

 

新空間アルゴリズム

f:id:karonsenpai0912:20201016170300p:plain

  1. リチェルカ (A)
  2. LINE - shinku-kan mix (A)
  3. パーリー!パーリー! (B+)
  4. ミスランドリー (B)
  5. Revival (A)
  6. 未来花 (B+)
  7. ミスターカイト - shinku-kan mix (S+)
  8. Baby good sleep (B)
  9. さよならエスケープ (A)
  10. リアライズ (B+)

【総評】(A)

【コメント】

 シングルの『ミスターカイト』があまりにも最高であとは概ね期待通りの作品。この作品だけじゃないが、アレンジが凝りに凝り過ぎてメロディが複雑性を増しているのも特徴的ともいえる。
言わば、カラオケで歌うことを前提としていない感じ。それでも、耳に残る確かな曲たちの数々はスキマスイッチでしか成しえない技術の賜物だと感じる。

 

 

Hot Milk

  1. OverDriver (S)
  2. 吠えろ! (A+)
  3. 青春 (A+)
  4. Ordinary (B)
  5. 東京 (B+)
  6. スイッチ! (A)
  7. されど愛しき人生 (A+)

【総評】(S)

【コメント】

次で紹介する『Bitter Coffee』と同日発売となった今作。スキマスイッチに求められていることを意識し、シングル曲を殆ど詰め込んだ。

そのおかげかスキマスイッチ全体通しても、躍動感が半端ない。これぞスキマスイッチの王道『青春』や『スイッチ!』。ジャズやフォークといった王道からちょっと外れた『Ordinary』や『東京』も魅力的。

今作のような枠組みもいいが、『Bitter Coffee』と組み合わせたら最高傑作どころじゃない騒ぎになってたはず。

 

 

Bitter Coffee

  1. I-T-A-Z-U-R-A (A)
  2. G.A.M.E. (A+)
  3. 風がめくるページ (A)
  4. いろは (A)
  5. SINK (B)
  6. フォークで恋して (B+)
  7. あけたら (B)

【総評】(A+)

【コメント】

先述した通りこの作品ではスキマスイッチがやりたいことを追求した作品となっている。ただ、一回聞いただけじゃ『SINK』のようなロボトミーボイスを使っているのは新しい!とは気付かないだろう。

それぐらいに今までの、特に『musium』の洗練されたアルバム曲のような立ち位置になっている。勿論完成度は高いし、何より全てにイントロがある本作はこれでもかというぐらいに演奏力がずば抜けている。この作品だけはインスト版も欲しいなと思ってしまった。