いつものわたしを表現するブログ

音楽のレビューや、ゲームの感想など・・・

【統合版】BUMP OF CHIKEN全アルバム 簡素レビュー

完全版

ということで、BUMP OF CHIKEN の全アルバムを超絶簡素にレビューした全てのアルバムをここに載せたいと思う。

単曲と総合評価で分け、評価(C,B,A,S)とし、場合により(+,−)を付ける場合があるのでご了承願いたい。

それでは早速やっていこうと思う。

また、カテゴリーに簡素レビューがあるため、他のが気になる方はそちらへ...

 

 

FLAME VIEN

FLAME VEIN

  1. ガラスのブルース (S)
  2. くだらない唄 (B+)
  3. アルエ (A)
  4. リトルブレイバー (B+)
  5. ノーヒットノーラン (B)
  6. とっておきの唄 (B)
  7. ナイフ (A)
  8. バトルクライ (B+)

【総評】(A)

【感想】

何故かは分からないが、次作の方が初期衝動という名にふさわしい作品となっている。粗さは残っているが、インディーズから出た作品だからか厳選された曲が並んでおりアップテンポが聞いていて気持ちがいい。

この中だったら圧倒的に『ガラスのブルース』が名曲溢れるのだが、この曲だけ結構ボーカルが引っ込んでると感じてしまうのは何故だろうか・・・?

 

 

THE LIVING DEAD

  1. Opening (省略)
  2. グングニル (A)
  3. ベストピクチャー (B)
  4. 続・くだらない唄 (B+)
  5. ランプ (B)
  6. K (S)
  7. リリィ(B)
  8. Everlasting lie (A)
  9. グロリアスレボリューション (A)
  10. Ending (省略)

 

【総評】(B+)

【コメント】

物語性を見せつけた、藤原が多分本当にやりたかったことを全力で出した作品。メロディーやアレンジ、演奏力よりも、歌詞に注目してほしいという名目で作られたものだと考える。

藤原の荒々しい歌声が今作のガムシャラロックには凄くあっている。あんまり好みではないが、やはり「K」が飛び抜けている。というのもあるときの国語の先生が「K」の映像を見せてもらったときの思い出が心に残ってるからなんだよなぁ。 

 

 

jupiter

f:id:karonsenpai0912:20190820184803p:plain

  1. Stage of the ground (A)
  2. 天体観測 (S+)
  3. Title of mine (B)
  4. キャッチボール (B+)
  5. ハルジオン (S)
  6. ベンチとコーヒー (B)
  7. メロディーフラッグ (B+)
  8. ベル (C+)
  9. ダイヤモンド (A)
  10. ダンテライオン (B)

 

【総評】(A)

【コメント】

 すっげえシャガレた声だなぁ・・・。初期の傑作とはいえ音質の悪さは少し目立つ。とはいえ勢いそのままにがーっといけるテンポは結構好きだ。

初期の荒々しさがあふれ出たバンプの最終形態であり、若さ溢れる青春の楽曲としても評価されている作品としても納得がいく。

 

 

ユグドラシル

  1. asgard (省略)
  2. オンリーロンリーグローリー (A+)
  3. 乗車券 (B+)
  4. ギルド (A)
  5. embrace (B)
  6.  sailing day (A)
  7. 同じドアをくぐれたら (B-)
  8. 車輪の唄 (S+)
  9.  スノースマイル (A+)
  10. レム (B)
  11. fire sign (A)
  12. 太陽 (B)
  13. ロストマン (S)
  14. midgard (省略)

 

【総評】(S)

【コメント】

藤原の声も徐々に落ち着きメロディーの力の入れっぷりが凄まじくなった作品。ロックというか荒々しさは大分減りそれが、かなりの好印象に繋がった。個人的に「車輪の唄」は初めて天体観測の次に聞いた曲だったからか、非常に思い入れが深い。

 

 

orbital period

f:id:karonsenpai0912:20190714111706p:plain

  1. voyager (B)
  2. 星の鳥 (省略)
  3.  メーデー (A)
  4. 才能人応援歌 (B+)
  5. プラネタリウム  (A)
  6. supernova (A)
  7. ハンマーソングと痛みの塔 (S+)
  8. 時空かくれんぼ (A)
  9.  かさぶたぶたぶ (A+)
  10. 花の名 (A)
  11. ひとりごと (B)
  12. 飴玉の唄 (B+)
  13. 星の鳥 reprise (省略)
  14. カルマ (S)
  15. arrows (B+)
  16. 涙のふるさと (S)
  17. flyby (B)

 

【総評】(S+)

【コメント】

 個人的最高傑作。聞いたのは最近だけど、青春時代に聴いたら本当に忘れられない思い出の作品になっていただろう。

シングル曲の輝きは無論、アルバム曲にもピックアップされる時期でもあり、『才能人応援歌』や『ハンマーソングと痛みの塔』はファンに愛されている作品である。後者の曲も私がバンプを好きになったきっかけであった為、CDにある歌詞と一緒に見て楽しんでいる。

 

 

COSMONAUT

  1. 三ツ星カルテット (B)
  2. R.I.P. (A+)
  3. ウェザーリポート (B+)
  4. 分別奮闘記 (A+)
  5. モーターサイクル (B+)
  6. 透明飛行船 (B)
  7. 魔法の料理 ~君から君へ~ (A)
  8. HAPPY (S)
  9. 66号線 (B)
  10. セントエルモの火 (B)
  11. angel fall (B+)
  12. 宇宙飛行士の手紙 (S+)
  13. イノセント (A)
  14. beautiful glider (B)

 

【総評】(A)

【コメント】

非常にゆったりとしたメロディーが特徴的なアルバム。シングルは本当にどれも大当たりだが、やはりまったりとしたアルバムはちょっとだけ退屈なところはあった。

というのも、年齢に合わせてなのかタイアップに合わせてかは分からないが、メロディーを意識した楽曲が増え、ちょっとだけバンドがしぼんだ時期だったかもしれない。しかしながら「分別奮闘記」はその中でも歌詞も面白いと思った良曲だったし、ここからまたバンドとして一気に開花していく様はリアルタイムでなくとも聞いていて気持ちが良いものである。 

 

 

RAY

f:id:karonsenpai0912:20180924150004j:plain

  1. WILL (省略)
  2. 虹を待つ人 (A+)
  3. ray (S++)
  4. サザンクロス (S)
  5. ラストワン (B+)
  6. morning glow (B)
  7. ゼロ (A+)
  8. トーチ (A)
  9. Smile (B)
  10. firefly (A)
  11. white note (B+)
  12. 友達の唄 (A)
  13. (please)forgive (A)
  14. グットラック (B+)

 

【総評】(S)

【コメント】

 一曲一曲の質が圧倒的。『ray』のようなポップな作品もあるが基本的にバンドスタイルが全面的に出ている。ベスト盤後ということもあり、勢いが増した・・・と思ったらシングル曲は配信曲を除いてかなりゆったり。意外な構成だったが、音圧もかなり上げており躍動感が半端なかった。「orbital period」の次に好きな作品。

 

 

Butterflies

  1. GO (A)
  2. Hello,world! (S)
  3. Butterfly (B+)
  4. 流星群 (B+)
  5. 宝石になった日 (A)
  6. コロニー (B)
  7. パレード (B+)
  8. 大我慢大会 (A+)
  9. 孤独の合唱 (A)
  10. You were here (B+)
  11. ファイター (A)

 

【総評】(A+)

【コメント】

 前作は電子音との共同がよく響いていたが、今作はその電子音をプッシュすることに。ファンからは賛否両論だったらしいが、結構好きな作品なんだよ。これ。違和感はそんなに感じなかったし。(Butterflyは電子音メインだなとは思ったが)

 

 

aurora arc

f:id:karonsenpai0912:20190820180007p:plain

  1. aurora arc (省略)
  2. 月虹 (A)
  3. Aurora (S)
  4. 記念撮影 (B+)
  5. ジャングルジム (B)
  6. リボン (A+)
  7. シリウス(B+)
  8. アリア (B)
  9. 話がしたいよ (A)
  10. アンサー (B+)
  11. 望遠のマーチ (A+)
  12. Spica (B)
  13. 新世界 (S+)
  14. 流れ星の正体 (B)

 

【総評】(A+)

【コメント】

 既存曲大量構成という内容だったが、それを流れで完全に打ち消した。個人的に言えば「新世界」のような今のBUMPがハッチャケている感じが大好きなのでそういう路線はどうだろうか・・・?

また、次回あるアルバムも既出曲が6曲以上なので多いように見えるが、このアルバムを見ると少ないと思えることが感覚がおかしくなったなぁと個人的に思ってしまった。